« ソンコマージュ 柳川公演 | トップページ | 白秋祭 ゴスペルシンガー ダニー馬場 »

2011年10月31日 (月)

ソンコマージュさんのお座敷ライヴ



日曜日の湯布院のコンサートが終わり、柳川に帰ってこられた。



私達、柳川のスタッフの打ち上げと、ソンコマージュさんを囲む会

を柳川「さいふ屋旅館」でしました。


食事をしながら、ソンコマージュさの話を聞きながら、そして

私達の待望のお座敷コンサート。

Cimg6931

夕食が終わり、ビール片手に簡単な椅子に移動するソンコマさん。

2か月前まで「何だろうこのおじさん」と思っていましたが、

だんだんと、この人の生の演奏を聞きたくなった、私がいました。

独特な雰囲気で、贅沢な生演奏が始まりました。

Cimg6939

この胸の内から突き上げてくるものは一体なんだろうと思った。

一本のギターから奏でられる音とは到底思えなかった。

ギターは意志をもっているようだった。



多分、ひとりだったら涙を垂れ流していただろう。ちょっと涙しました。



ほとんどはスペイン語なので、詩の詳細は分らないが、

曲のはじめにソンコ・マージュさんがこれはこういう歌ですと、

シーンの説明をしてくれる。





彼の音楽・精神・背景、すべてを理解できた訳ではないが、

少なくとも今日のお座敷ライブで私は、彼の心底にたゆたう

畏敬」を感じとることはできたと思っています。


今回の実行委員やってよかった。

食事の後は場所を変え、1時半までソンコマさんの哲学・人生論

女性論?話が尽きませんでした。

ちょっと、若さの秘訣が分かったような気がする。

« ソンコマージュ 柳川公演 | トップページ | 白秋祭 ゴスペルシンガー ダニー馬場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


伝わってきました♪
ステキですね★
女性論!!私も聞きたかった!!

☆きちゅさんへ
先日コンサート、シュークリーム差し入れ
有難うございました。みんなでおいしく
いただきました。

お座敷ライブ、最高に良かったです。

その後の話も大変興味あるもので、本当に
話好きで、真面目な話の間に「オヤジギャグ」

彼はミュージシャンであり哲学者・作詞家
芸術家で、今までに接した事のない人種。

でも優しいところがあり、私が「コンドルは
飛んでいく」をリクエストしたら演奏して
くれました。

本人はこの曲あまり好きじゃないみたいでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122950/53147729

この記事へのトラックバック一覧です: ソンコマージュさんのお座敷ライヴ:

« ソンコマージュ 柳川公演 | トップページ | 白秋祭 ゴスペルシンガー ダニー馬場 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ