« 大分 宝泉寺温泉 | トップページ | ジャガイモ初収穫 »

2012年6月 9日 (土)

耶馬渓・中津

昨日は早く(10時)寝たので、早く目覚め旅館の回りを散歩。

13

昨日は暗かったのでよくわからなかったけど、あちこちに川が

あり、蛍がいっぱいいそうだ。

朝から食欲もあり、いつもより多く食べてしまった。

11
玄関前にあるのは、ただの足湯かなと思ったら、魚がいて、足を入れたら

集まってきた。足の古い角質を食べてくれるそうだ。

なんか、電気風呂につかっているような感じです。

10

玖珠の方から耶馬渓を通って、中津に向かう。

途中「一目八景」という所があり、紅葉の時期はすごくきれいだろうな。

3_3
青の洞門野近くの「羅漢寺」に行く。リフトにのって中腹までいくのだが

これが結構面白い。嫁さんも結構楽しんでいた。

ここは耶馬渓観光のハイライトというだけでなく、3777体という大量の石仏が

安置される全国羅漢の総本山なのだ

6_2
リフトを降りちょっと参道を登れば山門がある。

屋根部分は岩にめり込んでいる。

9_3

5_3

山門を過ぎると五百羅漢がある無漏窟に到着。

4

無漏窟を過ぎれば、岩盤にめり込んだような本堂がある。

Photo_2

羅漢寺は羅漢山の中腹にあり、岩壁には無数の洞窟が口を開き、

山門も本堂もその中に埋め込むように建っています。そして洞窟

には3700体以上もの石仏が安置されているそうです。その中でも

照覚と逆流建順が刻んだ無漏洞(むろどう)の五百羅漢や室町期に

普覚禅師(ふかくぜんじ)という高僧が刻んだという千体地蔵と十王尊

を刻み安置したとされる千体地蔵などが有名です。

拝観自由だがリフトを利用すると羅漢寺まで往復700円、山頂までだと840円、

そして本堂2階と庭園を見るのは別途300円が必用でした。

羅漢寺をみて、中津市内に向かいます。


2pg_3

中津出身の、福沢諭吉旧居と福沢記念館です。入館料400円です。

今更ながら、福沢諭吉の偉大さがよくわかります。

1_4

最後は、中津名物「からあげ」

ネットで調べて美味しそうだった「からあげ大吉」に行ってきました。

おみやげセット1,400円。

鶏肉の美味しさ、弾力があり、ぷりぷりとした食感でした。

« 大分 宝泉寺温泉 | トップページ | ジャガイモ初収穫 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

宝泉寺から耶馬渓へ行かれたのですね
新緑がきれいで梅雨前の良い時期でした

菊池寛の小説で有名な青の洞門は人の力で
長い年月を経て掘ったトンネルでその執念は
すごいです

中津城は豊前海を見渡す所にあり福岡黒田藩の
分家になります

リフトは良い思い出になりましたね
秋の紅葉のときもいいですよ

☆奈多の鷹ファンさんへ
コメントありがとうございます。

紅葉の時期にいったら最高にきれいでしょうね。車も多そうですが。

青の洞門は知っていましたが「羅漢寺」も
すごいですよ。ここにはトンネルをほった
工具も展示してありました。
行く価値があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122950/54926359

この記事へのトラックバック一覧です: 耶馬渓・中津:

« 大分 宝泉寺温泉 | トップページ | ジャガイモ初収穫 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ