« トキワマンサク・芝さくら満開 | トップページ | ジャガイモの芽かき »

2014年4月 5日 (土)

篠笛製作 唄用4本調子

久しぶりに篠笛を作っています。


もう何年も作ってなく、去年有明海の干拓に落ちていた
竹を使って、作ってみます。


雨風に当たり、傷だらけの女竹が落ちていて、拾ってみると
大きさが22ミリぐらい、節間が50cm以上あり、まだしっかりと
していた。

それを切って、保管していた。

Img_1016
大きさも長さも、4本調子ぐらいまで出来そうなサイズなので、もって
いない4本調子を作ってみる。


矯正もしなく、管内をきれいにするだけで、製作にかかり、1日で
唄口、指穴まで出来ました。



管内だけ黒のカシューで塗るつもりだったけど、ちょっとヒビが入ったため
外部も塗ることに。



Img_1022
こんな感じ。
内部を4回ほど塗り、外は金・銀粉入りにしようかな。


試し吹きしたけどいい感じ、他楽器と合わせると、ピッチが合わないかも
しれないが、1人楽しんで吹く分ならいいかな。


どんな笛に出来るかお楽しみです。

« トキワマンサク・芝さくら満開 | トップページ | ジャガイモの芽かき »

篠笛」カテゴリの記事

コメント

黒塗の4奔調子の笛なんか良さそうですね。又4奔調子の笛を作るとは以外ですね。

ピッチが合わないと書かれていましたが、音程と混合している感じですね。

私も音程の良い音、ピッチの良い笛が良い等と思っていましたが、先生曰く、ピッチとは絶対高音の事を言うらしく、「ピッチの良い笛、わるい笛」という言い方はないそうです。

現在標準とされているピッチはA音(イ音・ハ長調のラ)が440HZとの事です。
参考まで!!

☆笛の旅人さんへ

コメント有難うございます。

ピッチと音程違うんですね。同じだと思っていました。

音と音の差、違いが音程なんですね。

3年ほど前まで、よく篠笛作っていましたが、その時参考にしてたのが

笛の旅人さんのHPだったんですね。ブログでのお付き合いだったので

HPのこと忘れてました。

だいぶん篠笛作られたみたいですが、最近はどうなんですか?

私のHPが笛を作る参考だったとは有難うございます。

周波数特性はあくまでも目安にしてください。以前先生からは甲音4を基準にして!!
と言われました。

ここ何年間は笛作りは行っていません。次のレッスンまでに曲の暗譜に専念しています。
暗譜で吹けないとOK貰えず、次に進むことが出来ませんから(ー_ー)!!

☆笛の旅人さんへ

コメント有難うございます。

3年ほど前に「蘭情管」買ってから、篠笛作りやめてました。

「こんな笛自分では出来ない」「作るより時間より、練習の時間だ」
と思って、製作やめました。

暗譜が大切なんですね。
私も頑張ってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122950/59415388

この記事へのトラックバック一覧です: 篠笛製作 唄用4本調子:

« トキワマンサク・芝さくら満開 | トップページ | ジャガイモの芽かき »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ