« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

お囃子笛完成  拭きうるし

最近、篠笛製作のブログが多いですが、今回も。



8本調子と同時に作りかかった、お囃子笛を拭きうるしに
して完成しました。



Img_1238

塗る前に、管尻に棒を差し込んでおきます。


拭きとる時間を変えて、ちょっとムラができるようにしてみました。




Img_1240
 

塗ったら棒を木に差し込んで乾かします。


6月から、お囃子の子供たちの練習が始まるので、どうにか
間に会いました。

2014年5月29日 (木)

8本調子 拭き漆完成

8本調子、天地藤巻・吹き漆仕上げが完成しました。



Img_1230

上が蘭情管8本調子(33,000円)、下が自作笛材料代(2,000円)です。

藤の大きさが、倍ぐらい大きかったので、まくのに苦労しました。




Img_1231


こんな感じで、管尻と管頭に苦労して、籐をまきました。




Img_1233

いい感じで、飴色の拭き漆が仕上がっています。(自己満足)









指穴は別な笛を参考にしたので、蘭情管程大きくないです。



内部塗る前まで15セント程低めに調律したので、内部4回塗って
音が上がりぴったり合ってきました。




しかし甲音が15セント程低めですが、カリぎみに吹けば合います。








Img_1236


先月作った4本調子の笛。此方は金箔・銀箔いりです。



3年ぶりに作りましたが、今回チューナーを使って作ったので、調律は

ばっちりです。



音色はやはり「蘭情管」に遠くおよびません。(当たり前)

この笛は来月、姉の家にやってくる、フランス人のディアンヌにプレゼント

します。帰ってフランスで吹いてくれるしょう。


今度は蘭上管風 5本調子を作ってみます。

2014年5月28日 (水)

篠笛作り 天地籐巻き

今度作った唄用8本調子の外部仕上げにかかります。


今回初挑戦で、管頭と管尻にを巻いてみようと思いました。


柳川の釣り具の「ポイント」で籐の1,5ミリを1500円で買って
きました。釣り竿作りように売ってます。
これが一番安かったので、買ってきたけど、ちょっと大きかったかな?




Img_1227_2
素竹の篠笛に「蘭情管」を真似て巻いてみます。



手に接着剤がついたり、竹についたり、籐が付かなかったりして
悪戦苦闘しながら、どうにか巻いてみました。

仕上がり  キタナイ!



Img_1228
こんな感じです。


上が見本の「蘭情管8本調子」です。



次は「ふきうるし」風に挑戦です。

2014年5月25日 (日)

篠笛作り  内部塗り

祭り囃子笛 5管   唄用8本調子 1管  内部塗りにかかりました。


3回塗ったので、内部をペーパー掛けしました。

もう一度クリアーを塗って内部は終わりです。



1219

上が8本調子で、下5本が祭り囃子用で10本調子です。



祭り囃子用の、唄口の下の穴は、竹皮を貼ります。




外はどんなに仕上げようかな。





8本調子は内部塗る前10~15セント低く調律しています。

内部を塗れば、ちょっと高くなるかなと思っています。
実際、3回塗って試し吹きしたら、ちょっと音が上がりました。


よし うまい具合 音が合ってきた。





今日はこれまです。
今から、事務局をやっている、大和町文化協会の総会に行ってきます。

2014年5月24日 (土)

2014年 鷹島のダゴチン

釣友のK君と長崎 鷹島にダゴチン釣りに行ってきました。





3時半に家を出て、「雪竹」でダンゴ、餌を買い、6時過ぎには

いつものポイントに船を付けました。




5月3日があまり釣れなかったのでリベンジです。



Img_1225


K君に大きな当たりがあり慎重にやり取りして、やっと上がりました。
65㎝の大ボラ君です。




りの船も釣れないのか、あちこちに移動してました。
ダゴチン釣りはダンゴ(捲き餌)で魚を寄せて釣るので、あまり移動しませんが
移動するのは、他も釣れていないのでしょう。

Img_1226

私の釣果。

ょっと寂しいですね。



近くの漁師さんは、「水温が低いので6月ぐらいからじゃないと
釣れないよ」と言ってました。





本当みたいですね。

2014年5月22日 (木)

作曲ソフト スタジオFtn

私が、篠笛練習に使っている作曲ソフトです。

Studio ftn Score Editor
は、楽譜を使って作曲ができる

楽譜入力方式の作曲ツールです。


別に作曲しているわけではありませんが、譜面を打ち込めば音が
その通りに出ます。


私達の「和音」で譜面をもらっても、知っているメロディーなら吹けますが
前奏・間奏・後奏などオリジナルで書いてきてくれ、8分音符
16分音符などが出てきたら、テンポが全く分かりません。




Img_1215
今度もらった「馬子唄」の前奏です。
前奏部分が篠笛パートです。





Img_1214

副旋律です。




速くて、途中「休み」もあるので、これ見ただけでは吹けません。
そこで先ほどの作曲ソフトに譜面を書き込み、音を出します。



聴きながら、合わせながら練習してます。




Img_1218
慣れれば、譜面書き込み速くなりました。


これが無料だなんて

フリーソフト恐るべし!



2014年5月19日 (月)

トウモロコシ ピュアーホワイト種植え

ジャガイモが早く終わったので、何植えようかな。


色々考えて、トウモロコシ「ピュアーホワイト」を植えることに

しました。


種類が多くどれにしようかと迷ったんですが、珍しかったのでこれにしました。   






Img_1208_3


真っ白な実がなるトウモロコシみたいで、

近くのホームセンターで298円でした。




まだ畑の下地作り(石灰捲き、元肥入れ)ができてないので
ポットに種をまきました。




Img_1209_2

20ポットほど出来ました。

2週間ほどしたら、畑に植え替えます。

2014年5月18日 (日)

ジャガイモ収穫

ちょっと早いけどジャガイモを掘りました。



2月12日に種イモを植え、1カ月以上芽が出なかったので

心配しましたが、その後急速に成長しました。



1


花が終わり、葉がもっと枯れてから掘るんですが

来週は孫達が来ないので、ちょっと早いけど今日掘りました。




2

まひろ「ジージ にーに  う~んとれない。」


3

ゆうしん「じゃ、僕とかわろう。うりゃー」


4

やっと、とれた。


「えっ、でもジャガイモがない!」 ゆうしん



「そこをスコップで掘るんだよ」  ジージ。



5
まひろ「ジージ ジャガイモがあった。」

まひろは、ジャガイモをマイスコップで掘る係です。




6

ゆうしんは箱に集める係です。



Img_1205

二人仲良くジャガイモ洗いです。

子供水遊び大好きですからね。





1_2
今日の晩御飯は、コロッケ・ポテトサラダ・ジャガイモバターでした。




とくに新ジャガのジャガイモバターは、ビールのつまみに最高でした。

2014年5月17日 (土)

備前焼 松岡誠吾

さいふや旅館で、備前焼 松岡誠吾さんが作った窯が完成しました。




10262165_682219698507974_9003281274

窯を製作中の松岡さん。



Img_1175

完成しました。



Img_1177    

窯で手羽先焼いてます。








18日が火入れ式で、今日は初釜前夜祭です。





私は「ワタリガニ」の差し入れを持って行ってきました。

伊万里焼の陶芸家も来て「伊万里牛」「手羽先」「タン」を持って来て

松岡さんも地元岡山の「日本酒」を持って来てました。




飲み始めたら、写真取るの忘れてました。

陶器を焼く窯で、肉、ピザ、魚焼いてくれて、ご馳走様でした。

2014年5月15日 (木)

藤城清治  光と影

影絵作家、藤城清治さんの作品を見に行ってきました。


その前に福岡国際センターで30社ほどのメーカーの

エクステリア展示会に嫁さんと行きました。

Img_1166_2
会場のあちこちに花・木を設置してあります。
参考にしよう。



Img_1164_2






Img_1161_2
Img_1162_2


ここも思った以上に見ごたえがあり2時間近くいました。






いよいよ福岡博物館に到着。


日本における影絵作家の第一人者、藤城清治。自ら編み出した方法で

カミソリと数百色のカラーフィルターを操り、猫などの愛らしいモチーフから

聖書や童話の世界、綿密な風景など幅広いテーマで独特の世界を創り

続けています。

 









神秘的な光と静寂の影によって自然の美しさ、生きとし生けるすべての

いのちの尊さを描くと同時に、人生をも描き出すその作品は、まさに

「光と影の祈りの芸術」ですね。
 








展示期中の4月17日に、藤城清治は90歳の誕生日を迎えられます。







記念すべき今回の作品展では、光と影の華麗な作品に加え、


福岡をテーマに創り上げた最新作を含む200点以上の作品が

展示したありました。


余談ですが




姉が西新に住んでるんですが、マンションの下で藤城さんがスケッチ
してたのを見たそうです。サインもらっとけばよかったのに。




Img_1171_2
Img_1168_2
今日は最後の日で、多くの人が詰め掛け、ゆっくり見れなかったけど

満足しました。

Image2       Image4
Image3         Image
Yjimage5      







90歳の今でも作品を作り続け、感心します。

いつまでも創作してほしいですね。

2014年5月10日 (土)

自宅BBQ

土曜日娘と孫達が、明日の「母の日」のプレゼントを持ってきた。


BBQする?と聞いたらすぐのってきたので、準備。
炭は常備してるし、グリルと椅子をセットする。



Img_1148
孫二人を手伝わせ炭の火おこし。
今は着火剤があるので便利です。




Img_1150
子供たちがウインナーが一番好きです。
男3人ビール・ジュースを飲みながら・・・・・・・。




Img_1159
自分達が食べ終わったら、また動きまります。


ジージはゆっくりビール。この時期が一番です。

2014年5月 9日 (金)

篠笛 チューナー・メトロノーム

篠笛の練習・製作で私が使っている便利な

スマホアプリを紹介します。




Dscf1526

アイフォンにもともと入っているアプリで「ボイスメモ




ICレコーダーです。録音して聴き直すと、悪いところが

分かります。ちょっとがっかりしますが・・・・。


USB接続でパソコンに簡単に取り込めます。











Dscf1527_4

ダウンロードアプリで「メトロノーム



小学校にあった、カチカチと動くメトロノームのデジタル版です。

表示は4分音符が1分間に75入る設定です。




一人演奏してみると、早かったり、遅かったり・・・・・。

これを使って練習してます。






Dscf1525_2

最後がダウンロードアプリの「チューナー



ド・レ・ミはイタリア語で、音楽の世界では英語のC・D・E・F・

G・A・Bを使い、表示はレの音です。




練習するとき吹いている音があってるか、篠笛作るとき音があってるか

これで調整します。


私はアイフォンですが、今のスマホ電話機能はオマケ?みたいなくらい

色んな機能が充実してます。



これ1台で3役こなし、スマホ恐るべしです。

2014年5月 6日 (火)

 篠笛作り

 私達の祭り(中島祇園祭り)で吹く笛は、唐津くんちの笛です。



先日は唐津に行き、「笛作りの方が一人減った 」と聞いたので
久しぶりに祭り用の笛を作ることにしました。



Img_1136

下の笛を元に4年以上寝かせた女竹で、作ります。


この笛の特徴は細く(唄口の外寸が16ミリから17ミリです。


唄口も指孔も小さく、唄口の下の穴は、竹皮をかぶせます。


10本調子
の笛に近いです。
三と七を半音にして吹けば、ほぼ近い音です。



Img_1137

穴位置を書きこんだ台座に固定し、穴の位置を決めていきます。



Img_1138
最初はこんな感じで小さめの穴をあけ、少しづつ大きくしていきます。



Img_1144
連休中に3本出来ました。
一番下は私用で竹の径、唄口、指孔ちょっと大きめに作りました。

仕上げは、まだまだこれからです。

2014年5月 4日 (日)

唐津 高取邸・唐津焼・曳山展示場

朝起きて周りを散歩。

この鷹島ではトラフグの養殖日本一らしいです。





Dscf1471





鷹島を出て10分ぐらいのところにあるのが「切子ぼたん」です。

あいにくボタンの花は終わり、芍薬の花が咲いていました。
ボタンは4月20日頃が見頃だそうで、来年嫁さんと来よう。

Dscf1481
「ぼたんと緑の丘 」入り口で。




数年前のふるさと創世資金1億円で作ったらしいけど、結局4億円
かかったらしいです。





ここから20分ぐらいで、唐津市内に到着。


 
Dscf1483


旧高取邸



立派なお屋敷でした。



Dscf1487
河村美術館」  富士山で有名な「横山大観」展があってました。




Dscf1493

唐津曳山展示場
。何度見てもすごいです。



Dscf1500

展示場入り口で。




Dscf1504

旧唐津銀行

東京駅を設計した唐津出身の「辰野金吾」さんの設計した銀行。







Dscf1511



実際使っていた金庫の中には、1億円の札束が。
実際の重さだそうですが、もちろん中身は偽物。



Dscf1508
市内のあちこちに唐津焼きの展示がありました。



Dscf1509
気にいった作品。
何にも盛ってなくても楽しめる。ヒラメとミズイカ。



他にも唐津くんちの時に吹く「篠笛」を扱っている島田菓子店にも
久しぶりに寄ってきました。

唐津の笛を作る人が減り、ここで扱っている「原田」さんが一人
になったそうです。

今日1日よく歩き、よく見て回りました。他のメンバー疲れたかな。
またこのメンバーで度どこに行こうかな。

2014年5月 3日 (土)

鷹島のダゴチンと旅亭 吉乃や

地元お囃子のメンバー4人で、久しぶりに1泊旅行に行ってきました。


ゆっくり8時ごろ家を出て、釣り具・エサ・まきえ・弁当を買って、鷹島
のいつものポイントに着いたのは、11時半。



釣りがメインでないので、馬鹿言って、楽しくビール飲みながらの
気楽な釣りです。

Img_1129

私ダゴチンですが、以外3人は、サビキ釣りです。


Img_1131

T君に当たりがあって
上がってきたのは「ぼら」でしたが、充分を引きを楽しめ、楽しそう。


周りの船も、釣れないのか移動繰り返してました。
4時間釣って、ボラ5匹・アジ2匹でしたが楽しい釣りでした。



5時過ぎには、今日の本命「吉乃や」に到着。

Dscf1469

外観。入り口にはトラフグもモニュメントが。



Dscf1468

玄関入口のこの橋の下には「タイ」「ぶり」「トラフグ」が泳いでます。

柵もなく盗られないか、心配。



Dscf1476
受付。



Dscf1475

ロビー。



小さな港町の旅館ですが、清潔な、いい旅館でした。


お風呂は、近くの「モンゴル村」の大浴場まで、車で送迎してくれて
露天風呂もあり、釣りのつかれ、汚れ取れました。


風呂から帰ってきたら今日のメインの「トラフグ」コース。



Dscf1459


Dscf1458

刺身の盛り合わせに、トラフグの刺身。




Dscf1460

まずオヤジ達の、記念撮影。

何時のように飲み始めると、写真を取るの忘れました。


後は
トラフグのゆびき、カルパッチョ、から揚げ、鍋、ナスの田楽、雑炊などなど・・。
よく食べ、生ビールに焼酎、みんなよく飲みました。


Dscf1465

隣席のご夫婦とも仲良くなり、酒を飲みかわし、一緒に記念撮影。




鳥栖のTさん夫婦で、明日は仲良く魚釣りらしい。
いい感じのご夫婦でした。



部屋に帰って、持ってきた焼酎をグイー・・・・。
後はみんな熟睡・・・・。

明日に続きます。

2014年5月 2日 (金)

ハツカダイコン収穫と夏野菜植え

ハツカダイコン収穫しました。


1




空いた場所に、枝豆の種まいてみました。
初植えです。
2





ジャガイモの花も咲きだしました。
収穫までもう少し。
4









増やした畑に
ナス・キュウリ・トマトを2苗づつ、植えてみました。


5

6

7

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ