« 篠笛練習 | トップページ | 獅子山 山車が完成 »

2014年7月19日 (土)

篠笛制作 6本・8本 囃子用

またまた、篠笛作りました。




いっぱいためている女竹から、6本調子に合う大きさの女竹を選んで・・。




Img_1337


近く竹林から切ってきた、3年ぐらい前の女竹。








Img_1339



内部掃除と調律しながら、穴あけ。ここまでは1日でできます。


外部、内部塗りになると、重ね塗りするので、10日から2週間ほどかかります。










Img_1320



こちらはお囃子用のMy笛で管頭、管尻にを巻きます。






初めて買った藤が1.5ミリと大きかったため、段差がつかないように



掘り込みを入れました。手がかかりますね。







Img_1412


外部は拭き漆風。



(内部・外部とも釣具店で売ってる、新うるしというやつです。)


8本調子は籐が足らなかったので、管尻だけ巻きました。








Img_1413





上から唄用6本調子・8本調子・祭り囃子用(古典調10本調子)です。




6本調子は蘭情管のパクリですね。



これで1.5ミリの籐は使い切ったので、次はもっと細いのを買います。

« 篠笛練習 | トップページ | 獅子山 山車が完成 »

篠笛」カテゴリの記事

コメント

いつも私のblogにご訪問くださって、ありがとうございます。
初めてコメントさせていただきます。

篠笛を自作されるなんて、本当に凄いですね。
笛作りも独学で学ばれたんですか?
祭り囃子用の笛って、孔の位置とか随分違うんですね。

☆奏音さんへ
コメント有難うございます。

篠笛作りも独学ですが、今はネットで色々情報集められるから
便利ですね。

調律は、スマートフォンのダウロードアプリのチューナー
使っています。

でも鳴り、響きなどは「蘭情管」には遠くおよびません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122950/60007043

この記事へのトラックバック一覧です: 篠笛制作 6本・8本 囃子用:

« 篠笛練習 | トップページ | 獅子山 山車が完成 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ