« 子供たちとBBQ | トップページ | お盆 »

2014年8月 8日 (金)

篠笛練習 予想外の展開

昨日は篠笛の練習日。



先月はディアンヌを連れての参加でしたが、今回久しぶりに

tomoさんnatuさんそろっての練習になりました。





基礎練習の合間にいろいろな話の中で、お互いのこといろいろ

わかりました。



二人とも先生でした。

一人は保育園、一人は小学校の先生。



二人とも小さい時からピアノをしていて、今でも小学校、保育園で

ピアノ弾いて、一緒に歌っているそうです。


だから二人とも音感がいいはずだ。



篠笛演奏の「風の通り道」を聞かせ、最初の音は「ラ」からですよと言ったら

「どうしても1音でない音がある」「2つ半音使うところがありますね」

と即座に返事が返ってきた。


すごい!



小さい時からピアノをやってるから「絶対音感」がいいんでしょうね。




後半は譜面なしで、3人知っているような曲を2重奏3重奏して

みました。


tomoさんが主旋律、私が1オクターブ高く、natuさんが副旋律。


篠笛の多重奏楽しいですね。









私が持っているピアノ伴奏付の譜面見せたら、「今度は篠笛、太鼓

ピアノでやってみましょう」ということになった。



予想外の展開になってきたぞ。面白くなってきた。




篠笛教えるどころか、私のほうが習うようになってきた。




偶然にも二人とも篠笛奏者「佐藤和哉」さんのファンで今度の

月曜日コンサートに行くそうです。

Photo

佐賀 唐津出身の「佐藤和哉」さん。



コンサートで、いい音いっぱい聴いてきてください。

« 子供たちとBBQ | トップページ | お盆 »

篠笛」カテゴリの記事

コメント

とても楽しそうな練習風景が浮かんできました^^

「風の通り道」は、持っている教則本に載っているので、
私も何度か吹いたことがあります。
私の本は「レ=二」から始まる調で書いてあるのですが、
三メ00三メ0 のところが超難しくて、まだ音が出せません。
「ラ」から始まる調でまず練習してみようと思います♪

★奏音さんへ
コメントありがとうございます。

ちょっと思わぬ方向に、進んでいきそうです。
natuさんはピアノ長くやっている、tomoさんは太鼓
を15年やっている。私が一番キャリア短い。

次回は3人で(ピアノ・篠笛・太鼓)で「もののけ姫」を
やってみることになりました。

よかったらこれでチーム作ろうかな。

尺八・琴・三味線の合奏曲なので実音ラ(筒音)から始まっています。

独奏だったらレから始めてもいいと思います。

子供の頃からピアノを習っている方は音感と耳が良いですね。

長唄の「あしらい吹き」譜面は無く、CDを聞いて自分で譜面を作る(耳コピー)ことがとて私は苦労しましたが、ピアノをやっていた方に伺うと、簡単だったと軽く言われがっくり。


今後の方向がとっても楽しみですね。

☆笛の旅人さんへ
コメント有難うございます。

ピアノ本格的にやってる人は、絶対音感の練習
やっているんで、聴いた音が何かすぐわかるみたいです。

耳コピーするのは、簡単にすぐできるみたいです。
私も苦労しながら、するんですがびっくりするぐら
早くしますね。

私の篠笛の生徒は、私の音楽の先生になりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122950/60116139

この記事へのトラックバック一覧です: 篠笛練習 予想外の展開:

« 子供たちとBBQ | トップページ | お盆 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ