« 篠笛演奏会 後援 | トップページ | 篠笛演奏会 »

2015年2月28日 (土)

篠笛 歌口の大きさ

私現在 蘭情さんの三本・六本・七本・八本を持っています。

でも一番使うのは六本・八本です。




合奏するのに七本はまず使いませんが、音はこれが一番よく出ます。



大甲の2・3・4まで良く成り5は今まで譜面にも出てこないので、練習もしてません。


でも一番使う六本の大甲2・3がうまく出たり出なかったりなので、

歌口を唇に当てる位置を上下調整したり歌口の被りを変えながら

やってました。


7本調子はいい音が出るんだけどな。

この6本調子は欠陥(蘭情さんすみません)かなと思ったり。





それが今日やっと原因がわかりました。

鏡で見たら、微妙にスリットと歌口の中心がずれていたんです。


Img_1981_2

下が7本なんですが、歌口がちょっと横が広い。

なのでちょっとスリットと歌口の中心がずれても、許容範囲だったんでしょう。




歌口を微調整して当てれば、芯のある音が出るようになりました。

なんで早く気付かなかったんだろう。




これが1本1本違う篠笛の難しさです。

« 篠笛演奏会 後援 | トップページ | 篠笛演奏会 »

篠笛」カテゴリの記事

コメント

蘭情さんで揃えていらっしゃるんですね。
男性の方だと、三本調子でも息が苦しくないですか?

唇の位置の微調整、私はここでずっとつまずいている気がします。
長年吹いていらっしゃる方でも、難しいところなんですね。
本当に、手作りの笛ならではの悩みですね。

私が通っている教室の木寺先生は「安定して良い音を出すには歌口にあてる下唇がポイント」になる。顎の動きで下唇を出し気味に吹くようにすると良いと言われてます。

☆奏音さんへ
コメントありがとうございます。
三本調子息はあまり苦しくないです。
でもあまり使わない指の感覚に、うまくついて
いかないときがあります。

低音はよく響きますが、大甲がうまく出ないですね。

でも八本で吹く譜面を同じ音のこれで吹くと、感じが
違いますよ。

☆ヒロさんへ
コメントありがとうございます。

木寺先生の「顎の動き」参考にやってみます。

人それぞれ表現の違い、唇の形の違い、厚みなど様々なんで
いろいろ試して、自分に合った回答を探すしかないですね。

そのためには、いろいろやってみることですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122950/61211720

この記事へのトラックバック一覧です: 篠笛 歌口の大きさ:

« 篠笛演奏会 後援 | トップページ | 篠笛演奏会 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ