« 荒城の月 3重奏 | トップページ | 沖端 舟舞台囃子 »

2015年3月14日 (土)

柳川京町三丁目 どろつくどん

先日から京町どろつくどん、お囃子の会長のところに篠笛演奏会

の案内を持って行ってました。


そこで毎月第二土曜日、近くのお寺で練習をやってるので 来ませんか

と誘いを受けていたので、行ってきました。

1

初めて聞いた、どろつくどんのお囃子。


六調子の七穴で特殊な指抑えて、 下二穴は全く抑えてなかった。

ほとんどが、甲音で、息の長い吹き方でした。


笛のこと、運指のこともいろいろ聞き、練習が終わって皆さん集めてもらって

みなさんの前で演奏会の説明をしてきました。


数人来てくれそうで、有難うございました

« 荒城の月 3重奏 | トップページ | 沖端 舟舞台囃子 »

篠笛」カテゴリの記事

コメント

柳川の秋の風物詩「どろつくどん」祭りは太鼓、ドラ、笛のリズム感がいいですね。
笛は独特の吹き方なんですね。

もちろん甲音・呂音のことご存じなかったけど、あまり吹かないんで
呂音のほうが難しいと言ってました。

きれいな音出しされてたので、新笛練習すればもっと巾が
広がり、楽しめると思うのですが。

こんにちは~
京町の「どろつくどん」とは初めて聞きます。
これはお祭の囃子言葉ですか?

☆蓮の花さんへ
コメント有難うございます。

どろつくどん」は、1826(文政9)年に柳川藩主立花鑑賢公により建立された三柱神社

 の御遷座祭を祝うために奉納されたのが始まりとされ、北川新十郎、弥永久右エ門

等が江戸の神田ばやし、京都祇園の山鉾を参考にして考案したといわれる

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122950/61287274

この記事へのトラックバック一覧です: 柳川京町三丁目 どろつくどん:

« 荒城の月 3重奏 | トップページ | 沖端 舟舞台囃子 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ